澁谷瑠璃オフィシャルサイト

プロフィールprofile

作家経歴

渋谷瑠璃イメージ

澁谷瑠璃(シブヤルリ)

早稲田大学 第二文学部 表現・芸術専修卒業
川口起美雄に師事、古典絵画技法を学ぶ

2016/2018 個展(銀座 青木画廊 Luft)
2018 個展(香港 中国国際展示空間)
2019 個展(御成門 東邦アート)

と、定型文通りの経歴を入力していた。
プロフィールには いつも過ぎ去った出来事しか書かれていない。
たった数行の経歴で、何を伝えられるというのだろうか。

本当に書き記したいことは これから先のことなのに。
昔の出来事よりも まだ見ぬ未来について話すほうが楽しいので、
今より先の自分の思いを記すことによって、プロフィールを完成させたい。

この先 澁谷瑠璃の作品に触れ合った人々から、
人それぞれ様々な新しい感情や思いを伴った素粒子が生まれる。

目には見えないが、色んな人達のそれらの思いが大量に空中に浮遊することによって、
絵が飾られている場所が 東京都が 日本が そして世界中の空間が、
ほんの少しでも美しくなればいいと思っている。

100が欲しい人と 1だけしかいらない人と、
白が好きな人と 黒が必要な人…
あまりにも多くの、本当に人の数だけ思いは存在する。
それらを混ぜて出来た色で、透明に突き抜けるような絵を描きたい。

私は永遠に創作し続け、想像することをやめない。
この先の未来で確実に約束出来ることは、ただそれだけである。

Rury Shibuya

Born in Tokyo
Waseda University - Second Faculty of Arts Graduate - Specialty in Fine Arts and Expression
Apprentice of Painter Kimio Kawaguchi, for Classical Painting Techniques

2016 / 2018 Solo Exhibition (Aoki Gallery Luft in Ginza, Tokyo, Japan)
2018 Solo Exhibition (China Union International Culture Space, in Hong Kong)
2019 Solo Exhibition (Toho Art Gallery in Onarimon, Tokyo, Japan)

And with the above, I have shown you my history in static form.
Profiles always only tell us about events that have already passed.
But I want to pose a question: What can we convey with just a few lines of history?

What I'm really interested in recording is my history from this point onwards.
It is more fun to talk about the unseen future than past events.
I want to create a profile to share with others using my thoughts
about myself from now on looking forward.

With that, my thoughts are that those who are touched by my artwork
will be able to bring forth energetic particles of new and fresh thinking and emotions.

Although invisible to the naked eye,
I would like for lots of those thoughts floating around the world from many people
to fill up the space around us and make it just a bit more beautiful.

I will continue to create forever, and I will never stop imagining.

視点Point of view

「画家」

何億通りと 存在しうる
線の一本を選んで
君を産んであげた
感謝するといい
何度消えそうになりながらも
産まれてこれたね

Alizarin madder lakeで 血液を通わせる
指の先まで毛細血管が走る

Zinc whiteを執拗に重ねて
透き通った肌も与えてあげよう
太陽を一度も 浴びたことのないような

何処でもいい
好きなところに住まわせてあげる
空の上でも闇の中でも

まだ見た事のない 場所がよければ
これから創造してあげる
君だけのために

髪の一本一本は Natural burnt umberで
毛先が靡いてる
少しだけ風が吹いているようだ

好きな髪型はある?
リクエストをどうぞ
三つ編みも 編んであげられる

ガラス玉より輝く瞳を 君にあげる
Ultramarine blue deepが 奥で光る
瞳孔は開き気味で

目が合うと 少し恥ずかしいから
右斜め下を向いておいて
そのかわり まつ毛を長くしておくから

つま先も胸も太腿も
筆跡の一つもない
その肌に見惚れていたら
つい 服を脱がせた

最初から描く気なんて
なかったのかもしれない

最後に小さくサインを入れて
その瞬間 完璧な生命体になる

きっと 君を所有したくてたまらない人がいっぱいいる
一番愛してくれる人の元へ 行っておいで
私の事なんて もうどうでもいいから
君に 愛される喜びを教えてあげただけ

君が愛される度
同じ量の愛情で きっと私も愛されるだろう

君は私の分身だから

Inner Child(インナー・チャイルド)

インナー・チャイルドイメージ

Ⅰ 絵の中の子は、誰か

よく言われる。
絵の中の子が、私に似ていると。
そう言われるたびに、絵は私の分身だから、自分自身の要素が5%くらい入っていると答えていた。
心の中では、描き手でありながらも絵の中の子にちょっと憧れている自分がいて、だからこそ生身の自分が憧れの存在に似ているなんて、本当だろうか…と疑っていた。

そして実を言うと 私の中での一番の理想は、本当は作品を観ている人自身が、絵の中に入って想像の海に浸ってもらいたいのである。
私に似てるとか似てないとかはどうでもいい。
(似てると言われれば、もちろん嫌な気はしないが。本題はここではない。)
なので同じく見る人の外見が、絵の中の子に似ているか否かという問題ではなく、年齢も性別も関係なく。
ふとよぎる面影や残り香、はたまた懐かしさのようなものと共に、自分自身を感じて、投影してもらえたらと思っていた。

絵を描き始めて最初の頃は、似せようと必死だった。
目の前にある果物や彫像、そして人物。
そっくりに描き上げることができると、悦に浸っていた。
そして誰かから上手いねと褒められるのを、じっと待っていた気がする。

しばらくすると、現実世界で見えるものをそっくりそのまま描き写すことに魅力を感じなくなり、自分の頭の中で繰り広げられる想像世界を絵に投影したくなる。
脳内の映像をいかに完全再現できるかを一番の目標として、この頃から油絵具を使いはじめた。
私の頭の中の世界を皆に見てもらいたい、私の伝えたいことを聞いてほしい、絵を描くことは私のアイデンティティだから。
と、しつこい位に主語が 私 であり、私という存在を認めてもらうために生まれた作品が多かったのかもしれない。
(今となっては、決してそれが悪い事だとは思わない。何故ならこの経験を積まなければ、今の私はないから。
そして改めて、当時の未熟だった私の作品を気に入ってくださった多くの方々の、芸術に対する深い愛情を感じる。)

何の為に絵を描いているのか、たまに考えることがある。
ここで、夢や目標を持って生きる方々にも、ぜひやっていただきたい作業がある。

まず、自分の中での最終的なゴールを書く。
私が以前書いたものを例に、説明してみる。

最終目標 私の作品を、必要としている全ての人たちに届けたい

では、この目標が叶うと、更にどんな良いことがあるだろうか。
想像で構わないので、矢印で繋げてどんどん書き進めてみる。

多くの人に作品を観てもらうことによって、絵を通して新しい感情やポジティブな思いが溢れる
絵と一緒に過ごす時間が、その人の人生を更に豊かにする

素敵な人生を生きる人がどんどん増える

ポジティブな素粒子が地球上に溢れ出す

美しい地球になってゆく

私の作品が、最終的には美しい地球を構成する一要素になるのだ。
豊かな人生を送る人が増えれば、自然と居心地の良い地球へ変わっていき、それはやがて美しいと表現できる空間になるのだろうと思う。
最終的なゴールだと思い込んでいた ”作品をより多くの人に伝えたい” というのは本当は通過点であり、真のゴールである私の喜びは “美しい地球を作りたい” だったのだ。

だからこそ、思う。
私にしか出来ない方法で、その人のためだけの絵を描きたい、と。
飾って眺めているだけで、穏やかで心地良い時間を過ごせるような。

絵の中の主人公は、ただ一人のあなた そんな作品を作ってみたい、と考えるようになった。

Ⅱ インナーチャイルドアート

これは単なる似顔絵ではないし、肖像画でもない。
あなたの内側に潜む、もう一人のあなたを具現化した あなたのためだけの、あなたの分身そのもの。

それは遠い遠い昔の自分に会いに行くような、そんな感覚でもある。
幼い頃の自分なのか、違う星にいた頃の自分の姿か、心の中にいるもう一人の私なのか、懐かしい自分なのか。
何を思い描くかは、人それぞれかもしれない。
言葉は曖昧なので、どれか一つの単語で定義付けるのは難しい。
が、これらすべての存在を象徴するであろう言葉として、インナーチャイルドアートと名付けることにする。

インナーチャイルドとは 内なる子供。
幼少期に形成された、あなたの核となる人格のようなもの。
けれども 所詮は言葉、どんなイメージであっても構わない。
小さな自分 でも、大いなる存在 でも、私の中の神、はたまた宇宙人でも、しっくりくる言葉であれば、何でも良いと思う。
誰しもみんな、自分の中にあなたそっくりな もう一人の子が潜んでいると思う。

私はたまに とても感情を揺さぶられた日は特に、自分の描いた絵の中の子を眺めては、言葉にはし難い 何か心の交流のようなものを感じることがある。
その子を見て気持ちが落ち着いたり、悲しみから救われたり、勇気が湧いてきたり。
目が合うと、絵の中に生きるもう一人の私が、とても優しい眼差しで見つめ返してくれる。

自分自身の心と素直に対話できるような、そんな存在なのかもしれない。
他の誰でもなく、あなたのためだけの。
今まで形を持つことがなかったもう一人の自分が、作家の視点を通して具現化される。
永遠に無条件で傍に寄り添う、生きる芸術を生み出したいと思っている。

Ⅲ 私が自分のインナーチャイルドを描いて気付いてしまったこと

アトリエに籠って、ふとした瞬間に、絵の中の子を眺めてみては、ほっと一息つく時間が好きです。
たまには詩を書いたりすることもあり、とりとめのない短いポエムや、時には俳句や短歌なども書き溜めている。
これらは絵画のようにどこかで発表しようとまでは思っておらず、話のネタ程度のもので、それでも言葉を選んでいる時間は絵を描く時とはまた違う至福のひと時である。

絵の中の子を見つめていると、自然と自分の内面を覗き込むことができる感覚に陥る。
日々の中で忙殺されてしまっていたこと、忘れてしまっていた何か、心の片隅に追いやられていた言葉たち。
インスピレーションの欠片ともいうべきそんな思いたちが、むくむくと湧き上がり、あぁ、私こんなこと考えてたよね、と絵の中の子に思い出させてもらう感覚を味わう。

ある時は言葉で、そしてある時は、メロディで。
本当は曲を作ったり、ギターを弾いたりするのも好きだった。
誰かと音を奏でるって楽しいよね、 絵を描いてる時はいつもひとりだから インナーチャイルドに気付かされ、思い出させてもらい、それから私は詩とメロディをあわせて曲を作り始めた。

本当にやりたかったことは何?
自分の生きたいように人生を生きている?
絵の中の子は、いつだってそう問いかける。

表現に境界線はない。
ジャンルや方法など、便宜上区分けをしてしまっているだけである。
心の底に燃える思いがあるなら、どんな方法でもいいから表現するだけ。
本当の意味では、上手い下手も、優劣なんてない。
その表現者が生み出した思いや形に、共感するかどうかだけ。
そう、気付かされた。

誰かに教えてもらうのではなく、もう一人の自分自身に、気付かされる。
その人その人によって受け取るメッセージは千差万別ですが、新しくて懐かしい気付きを得ることができるのではないかと思う。

Ⅳ インナーチャイルドアート 効果・効能

インナーチャイルドアートは、ただ見て眺める絵画以上の力を発します。
この効果は、絵の持ち主にのみ効力があります。

1 芸術的価値
世界に一つだけのアートとして、空間を美しく彩ります。
古典絵画技法を学んだ作者により、油絵具にて何層も塗り重ねられ、細部も丁寧に描かれています。
額縁は木材の選定から始まり、仕上げまで完全手作業にて制作しております。

2 インテリアとして
ご希望の方には、作品を飾る予定の空間を拝見し、雰囲気に合うテーマに沿って制作を進めます。
またお客様のお好きな色やテイスト等のリクエストにも、出来る限りご対応致します。
お部屋やお店、サロン等、作品をひとつ飾るだけで、特別な空間作りをすることができます。

3 瞑想・自己催眠用ツール
瞑想や自己催眠に入る時、導入として人の目を見つめると集中状態に入りやすいと言われています。
実際に誰かの目を見つめ続ける機会はあまりない上に、目と目を合わせ続けることを恥ずかしく感じてしまう方も多いと思います。
インナーチャイルドアートと目を合わせることは、何のストレスもなく、またリラックス状態へあなたを導きます。

4 潜在意識・インスピレーション開花ツール
インナーチャイルドアートを見つめることにより、自然に自己との対話状態に入り、内面に広がる無意識の事象に気付きやすくなります。
インナーチャイルドの眉間に描かれている光は、サードアイ。(第三の眼)
持ち主のあなたにもインスピレーションが降り注ぐように、という思いが込められています。

5 お守り的要素
神社で買ったお守りを持ち歩いたり、神様や仏様の像を飾ったりすることがあると思います。
それらを見たり触ったりすると安心できるのと同じく、インナーチャイルドアートも、持ち主の方だけのお守りになります。
移動の際に一緒に持って出掛けても良いですし、持ち出せない場合でも画像データをお渡しするため、外出先でも眺めることができます。

オーダー手順

ⅰ インナーチャイルドを探るカウンセリング

好きなこと、夢やビジョン、子供の頃のこと等、ざっくばらんにお話をお伺いいたします。
作品の中に入れてほしいモチーフや色など、リクエストもございましたらお話しください。
対面にて1〜2時間程度、都内近郊にて。
遠方の方はオンラインカウンセリングも可能です。

ⅱ 命の吹き込み

インナーチャイルド制作期間として、3週間〜3ヶ月程度お時間をいただきます。
但し時期により、3ヶ月以上お待ちいただくこともございます。
油絵にて、一筆一筆心を込めて描きます。
どんな子がやってくるか、楽しみにお待ちください。
絵画本体はもちろん、額縁も手作りにて一人一人に似合うものをお作りします。

ⅲ ご対面

手渡しまたは郵送にて、インナーチャイルドをお届けいたします。
タイミングによっては、個展にて画廊に展示させていただく場合もございます。

インナーチャイルド制作費 ¥100,000〜(税込)
サイズ 約20〜30cm四方(額縁含む)
気軽に一緒に旅に連れ出せる大きさのイメージです。

カウンセリング時に、前金として¥30,000を頂戴いたします。

上記以上の大きさも承っております。
ご予算に合わせてのお作りも可能です。
価格はその都度改定される場合がございます。

お渡しするもの・・・

インナーチャイルド(作品本体と額縁)
ケース

データにてお渡しするもの・・・

インナーチャイルドの画像
(待ち受け画面やSNS投稿、プロフィール画像等にお使いいただけます)
ご希望の方には、データをもとにポストカード等のグッズ制作も承ります。

「インナーチャイルド」

詩・曲 澁谷瑠璃

どうやって伝えよう、私のこと
見えないし 聞こえないから
でもずっと傍にいた、気づかなかったの
色と形を 今君にあげよう

愛と光と感情たちが 抑え切れずに溢れ出してしまう
力 込める必要なんてない ただ、内なる子の存在感じればいい

誰にも打ち明けられないこと 話して、私だけに
一瞬でわかるの 私はあなただから

どんなあなたであったとしても 味方でいるから、安心していて

嘘まみれのこの世界に嫌気、さしたらどうかお願い
私の真っ直ぐな 眼差しだけ見ていて

たかが絵だと笑いたければ それでも構わない
でも燃える魂が宿ってる こんなにも

インナーチャイルド
インナーチャイルド
インナーチャイルド
インナーチャイルド…

ページトップへ